The fastest way to achieve OX that creates Maximum Value

最大価値を創造する組織変革を最速で実現する方法

人類は、共通の目標に挑む「組織」をもって、現在に至るまでの数々の偉業を実現してきたと言われています。

ビジネスシーンにおける組織発達プロセスを概観すると、なんらかの力を持つ者を中心にまとまったモデルを端緒とし、更なる規模拡大と価値創造の最大化を目的として、構成員の強みや特性に応じた役割と機能を分担、専門化や高度化を進める階層型組織へと発展しました。

市場の変化スピードが爆速化し、振れ幅も大きくなった現代では、アジャイルでフレキシブルな対応が可能な組織構造、例えばマトリクスのような機能横断的構造、そして結びつき方が複雑かつ柔軟なネットワーク型組織等へと変わりました。フレデリック・ラルー氏が著書「ティール組織」で提唱したホラクラシー(仲間の合意に基づいて役割が流動的に変更される組織)が衆目を集めたのも、記憶に新しいところです。

しかし、今後の組織構造を考察するにあたって、価値創造の主役が「ヒトとAI」になることを織り込む必要があります。近い将来、AGI(Artificial General Intelligence、人工汎用知能)やASI(Artificial Super Intelligence、人工超知能)の登場も予測されており、今はまだヒトが担っている価値創造さえAIに委ねる時が来るのかもしれません。

日々刻々GAI(Generative AI、特化型人工知能)が進化する現在を、ヒトとAIが協働して価値を創造する時代と捉えるならば、組織変革(Organizational Transformation、以下OX)はヒトとAI双方の特性と機能を最大限に活かすことに最適化された構造へとシフトすることがゴールとなるでしょう。

本稿では、組織構造に期待されるものが価値創造の最大化にあることを念頭に据えて、ヒトとAIの共生時代におけるOXの実現方法についてまとめます。

目次

組織変革が重要である理由

必然性
価値創造
成功確率わずか23%

組織変革の3つのKFS

グランドデザイン
アジリティとスタビリティ
9ルールズ

成功のための5ステップ

1.ゴール・セッティング
2.レディネス精査
3.ゴール到達に必要なものの明確化
4.実行
5.持続的改善の仕組み化

Appendix

People, Culture & Organizational Diagnosis
People, Culture & Organizational Consulting
Change Management

、、、続きをnoteで読む

コメント欄を読み込み中

お問い合わせ・ご連絡はこちら → Contact

DX

DX

Solution

Solution

Biz-Models

Biz-Models

Industries

Industries

Results

Results

Approach

Approach

Article

Article

Payment

Payment

About

About

Other Titles

#
Practical Methods for Successful OX
組織変革を成功に導く実践的手法
#
Make Culture a source of Competitive Advantage
カルチャを優位性の源泉にする
#
Sustained Indirect Cost Reduction Methodology
間接費の持続的削減手法
#
The fastest way to achieve OX that creates Maximum Value
最大価値を創造する組織変革を最速で実現する方法
#
Transformation to High Quality Decision Making
高品質な意思決定へのトランスフォーメーション
#
Design Methodology for Top Management Team
高業績を挙げ続けるTMチームのデザイン手法
#
PMX Design Methodology to Improve Performance
業績向上を実現するPMXデザイン手法
#
Human Capital Development for Excellence
優秀人材を育成する人的資本開発
#
Now is the time to rethink the A&R strategy
DX時代のA&Rストラテジー
  • 1 (このページ)
  • 2