スポンサーリンク
お知らせ

「戦略的コストマネジメント成功へのロードマップ」の寄稿

月刊 近代中小企業『KinChu』4月号(発行:中小企業経営研究会、4月1日発売)の特集企画「誰もが納得!”コストカット”のススメ」に「戦略的コストマネジメント成功へのロードマップ」を寄稿しました。
デジタル経営

中小企業におけるデジタル経営改革vol.4〜新規事業開発編

中小企業のデジタル経営改革シリーズ、最終回は新規事業開発編です。一見、無理難題に思えるデジタル領域における新規事業開発。 シード期から急成長期まで、陥りやすい罠を理解して、予め対策を打てば失敗リスクを極小化できます。呑むか呑まれるか、まさに勝負所です。
デジタル経営

中小企業におけるデジタル経営改革vol.3.~マーケティング編

アドテクノロジーを理解できず、デジタル・マーケティングに翻弄されている方が増えています。理解できぬまま代理店やベンダーの口車に乗せられ、結果的に悲惨なROIに苦悩する姿を側で見ているのもつらいです。そこで、デジタル・マーケティングのKSFについて考えました。
デジタル経営

中小企業におけるデジタル経営改革vol.2.~DX編

「中小企業におけるデジタル経営改革」シリーズ第二弾はDXです。デジタルテクノロジーがもたらす構造改革を乗り越えられない企業は淘汰されますから、何としても成功させねばなりません。知性と感性、テクノロジーを駆使して「負けられない戦い」に挑みましょう。
デジタル経営

中小企業におけるデジタル経営改革 vol.1.〜プロローグ編

「デジタルで経営が変わる」と言われても、自社での成果となると話は別です。新たなテクノロジーの評価もままならず、あれこれ導入を試みては頓挫する、成果が出ない、結局何も変えられない、、、どうすればいいのか、「デジタル経営改革」シリーズで概観します。今回はプロローグ編です。
CEO

非連続的成長を成し遂げるCEOのミッション

「CEO」という肩書きは、なんとなく聞こえはいいものの、非常に過酷で高難度なミッションを課されます。非連続的成長のリーダーとして、変革と実行を期待されるストレスフルなCEOのミッションについて、エールの意味も込めて、考えてみました。
A&R

経営と労働者が具備すべき要件をバージョンアップしよう

企業も働く人も互いを選び合う姿勢が鮮明になってきました。ポスト平成の世は「タフでなければ生きてゆく資格がない」のかもしれません。日本の労使関係が「雇用」から「契約」への移行も模索する今、企業と働く人が互選されるために具備すべき要件について概観しました。
トランスフォーメーション

トランスフォーメーションのKSF vol.3 ~ 実践編

トランスフォーメーション概観の第三弾、実践編です。長期にわたるうえ頓挫しやすいXのマネジメント体制と実践上の留意点についてまとめました。Xについて適切に理解できるヒトと組織のあり方を追求し続けることが、Xを成功に導くことをご理解いただければ幸いです。
トランスフォーメーション

トランスフォーメーションのKSF vol.2 ~プロセス編

トランスフォーメーション(X)の第二弾、プロセス編です。戦略策定/構造改革/再成長という3つのフェーズを推進するうえで留意すべきポイントをまとめました。サラッとまとめてはいますが、コンサル現場ではクライアント共々最高レベルで苦悶するパートです(苦笑)。
トランスフォーメーション

トランスフォーメーションのKSF vol.1 ~フレームワーク編

トランスフォーメーション(X)という言葉の意味は知っていても、成功した企業はそれほど多くはありません。Xのクリティカル・パスについて、「フレームワーク編」「プロセス編」「実践編」の3回シリーズでまとめてみます。第一弾の本稿は「フレームワーク編」です。
M&A

ポートフォリオを再構築して未来を切り拓こう

成長の踊り場で停滞している企業にとって、M&Aは現状を打破する手法として非常に魅力的です。ただ、ディールを成功させるのは非常に難しく、3割程度の成功確率しかないので、二の足を踏む方も多いでしょう。M&A未経験企業が一歩踏み出す手順をまとめました。
リーダーシップ

リーダーシップ4.0への進化を叶える4つのポイント

デジタル社会における競争に勝つには、リーダーシップに4.0への進化を要請してきます。デジタルネイティブがITを駆使してあっという間にゲームの勢力図を塗り替える時代に、内向きのリーダーシップに拘泥していたら敗走は必至です。革新ポイントをまとめました。
プライシング

「値上げ」に本気で取り組もう

いつの間にかタブー視されている「値上げ」ですが、増益貢献度は非常に高く、戦略的かつ真摯に取り組む価値がある施策です。正しい「値上げ」は真の顧客のターゲティングにも役立つうえ、人件費引き上げの原資にもできますから、やらない理由はありません。
L&D

L&D4.0をA&Rのコアにしよう

優秀な人は、自分の価値を高める手段と機会を提供する企業に惹きつけられ、成長したらそれ相応の活躍の場を求めます。これを司るL&DがA&Rのコアとなる理由です。L&D体系を従業員本位で改革することで、ポスト平成のWar for Talentに勝ちましょう。
デジタルHR

「これからの組織」への転換を急げ

活躍が目覚ましい企業の組織はひと昔前のそれとはかなり様相が異なります。階層型組織がウォーターフォール式でモタつく間に、デジタルを駆使したアジャイルで動くネットワーク型チーム組織は異次元のハイスピードで突っ走ります。「これからの組織」への転換についてまとめました。
イノベーション

イノベーションを起こすには「認知の外」に目を向けよう

「イノベーションは起こすもの」とは言うものの、どうすればそれが叶うのか見当がつかない方も多いでしょう。「顧客が解決したいコト」にフォーカスした価値を提供することが必要なことは理解できると思いますが、そもそも大前提として「メタ認知能力」が必要なことを忘れてはいけません。
マーケティング

マーケティングは Wow ! を創造する果てしなき旅

顧客に選んでもらうには、顧客の期待を上回る喜びや体験を提供すること、つまり「顧客に "Wow!" と言わせる」ことが重要な時代になりました。マーケティングは、熱しやすく冷めやすい顧客を常にWowと言わせ続けられるよう、惜しみなく尽くしましょう。
コンサルティング

サブスクリプション・コンサルティングは合理的に選ぼう

コンサルティングサービスの提供方法にサブスクプランを加えた結果、様々な課題が出てきました。「買取型より安いから」と安易に選ぶと、結果的に「安物買いの銭失い」になったり、「チャーン大魔王」のブラックリスト入りするかも。合理的な選択をお薦めします。
キャリア

デジタル時代のキャリアデザインはどうあるべきか

本格的なDXが進展し、AIやRPAが普及するなか、人に対する企業の期待は天井知らずでハイスペック化しています。イノベーターになれない秀才やフツーの人々はそれに応え切れていません。これから人はどんなキャリアを積み上げれば良いのかについて考えます。
RPA

マーケティングでRPAを活用すべき4つのシーン

RPAはバックオフィスで使うイメージがありますが、実は最高の導入効果を発揮するのはマーケティングと営業で活用した時です。守りを固めることは大切ですが、効率的かつ怒涛の攻めで売上を拡大することはより重要です。攻撃的なRPA活用を考えましょう。
スポンサーリンク