スポンサーリンク
A&R

人は「育てられる」のだろうか?

人は育つものであり、育てられるものではないと私は考えている。周囲ができることは、その人が育つために有益な環境やチャンスを提供することまでであり、本人が成長を願わない限り育つことはない。修羅場を潜り抜け高みを目指すか、端役争いに埋もれるか、よく考えよう。
A&R

働き方改革の停滞が人材の国外流出を加速する

遅々として進まない働き方改革。国内でモタモタしている間に外資系が優秀な日本人労働者をかき集めている。ターゲットはハイスペック人材だ。圧倒的な厚遇を提示してくる外資系の前に、日本企業も黙って手をこまねいていてはならない。勝負できる土俵を見つけ、人材獲得競争に挑もう。
スタートアップ

起業の敵と味方を見極めよ

アーリーステージの起業支援環境も徐々に整いつつある今、起業に挑戦する若者が続々登場している。SNSから伝わってくる奮闘振りを頼もしく思う一方、彼等を食い物にする輩も目に留まるようになってきた。苦しいときに甘い言葉を囁きながら近寄ってくる怪しい人には注意して欲しい。
A&R

1on1マネジメントがA&Rの成否を握る

多様性への対応が叫ばれて久しい。それなのに人事制度は相変わらずだ。社員一人ひとりへの対応も不十分なら、個人の状況変化にも対応しきれていない。従来のコア人事制度(ランク、評価、報酬、教育)が機能不全に陥っているなら、1on1対応できる仕組みに抜本的に改革しよう。
お知らせ

イノベーション経営の手蔓とは

アーリーからレイトステージに至るまで、スタートアップ、中堅中小企業、プロフェッショナルが対処すべきイノベーションの手懸りやヒントになりそうなテーマ・トピックスをピックアップします。
スポンサーリンク