本文へスキップ

経営、事業、営業、組織、人事に関する戦略の策定・完遂と、個人の自己成長の両立を支えるヒューマンキャピタルコンサルティング

業界別コンサルティング INDUSTORY CONSULTING

激変する経営環境は次々と新しい経営課題を突き付けてきます。破壊的技術(Disruptive Technology)が各業界に大きなインパクトを与え、リーダー交代も当たり前のように起こるようになりました。ヒューマンキャピタルコンサルティング(HCC)では、各業界が直面する今日的な課題を概観し、競争環境における競争優位性を導き出す統合的なソリューションを提供します。

なお、本コンテンツは「無料web会員」並びに「HC4会員」限定コンテンツです。非会員の方でも、メールアドレスだけで無料登録後に閲覧できますので、この機会にご登録ください。



自動車

○○○○○○○○イメージ

世界に冠たる自動車立国としてプレゼンスを確立してきたことが足枷となり、今や次世代自動車のリーダー争いでは後塵を拝することになった基幹産業の将来をどう読み解くか、概観します。

新興国市場の本格的な拡大、次世代自動車や燃費改善技術の進化、燃費規制の更なる厳格化、新興国の自動車産業政策のブロック化等が、産業や業界、市場構造を一変させる可能性があります。

なかでも大きなインパクトとなるのがEV(Electric Vehicle:電気自動車)と、EVADAS(先進自動運転支援システム)や自動運転等の技術革新及びそれに伴う新しいプレイヤーの参入です。

信頼できる複数の調査によると、今後20年間で、、、続きはこちら

プロセス(化学、鉄鋼、非鉄金属、パルプ・紙、ガラス、セラミクス等素材産業)

○○○○○○○○イメージ

顧客のIoT対応を見据えた事業構造への転換が求められる素材産業は、従来の競争とは異なる合従連衡や戦略的アライアンスをも厭わぬ戦いに突入しています。どのような取組みが必要になるのか、概観します。

化学、鉄鋼、金属・非鉄金属、パルプ・紙、ガラス・土石製品等の素材産業にとって、技術革新がもたらした「モノとしての製品」から「スマート製品」への変革はかつて経験したことのない大きなインパクトです。

製品は「それ自体が価値を持つモノ」から「情報や体験を得るための手段」としての特徴を持つことが求められ、基本機能以外の付帯サービスにこそ価値があり、顧客に選ばれる魅力そのものになりつつあります。

新興国市場の本格的な興隆により本業界は活況を、、、続きはこちら

建設・土木、産業機械

○○○○○○○○イメージ

老朽化したインフラの再構築をはじめ、ビッグプロジェクトが目白押しの本業界ですが、高騰する資材費、人件費等をどうコントロールして収益を確保するのか、そのために効果的な手法は何か、また過酷な労働環境問題にもどう対処するのか、概観します。

中長期的には、近年増加傾向にある自然災害と、これからが本番と言われる原子力災害への対応等、国家の危機管理体制に関してもイニシアティブを発揮することも期待されます。新たなテクノロジー開発が待たれるところですが、海外企業等とのコラボレーション等も模索すべきでしょう。

短期的には、東京オリンピック・パラリンピックへの準備、築地・豊洲市場移転問題、スマートシティ化等が紙面を賑わせていますが、首都機能・都市デザインかくあるべしという概念提起が期待されます。続きはこちら

不動産・CRE

○○○○○○○○イメージ

IoT対応を大きなチャンスと捉え、インフラ再構築にどう貢献できるかが問われる本業界ですが、海外からの投資への対応、リスクマネジメント等とどうバランスさせるべきか、概観します。

本業界で特筆すべきは、スマートシティやモビリティ社会等の「未来型都市コンセプト」です。不動産は高度モビリティ社会を支えるインフラであると同時に街区や都市の構成ユニットでもあり、そこで活動する人間が安全で快適な暮らしを満喫でき、幸せな人生を送る上で不可欠なプラットフォームであることも求められます。

本業界における競争は、物件のストック価値に基づく売買・仲介・運用でしたが、今後はIoT対応による付加価値、例えば街区ごとの機能・役割という価値に基づく競争へと変わる可能性があります。続きはこちら

消費財

○○○○○○○○イメージ

PBやニッチブランド等の競合の動きと、人件費や物流費の値上げをはじめとするコストアップを吸収しつつ、消費者の嗜好と購買行動の変化にどう対応すべきか、概観します。

本業界は、競合の台頭や消費者の購買行動の変化の前に、誰もが知る著名なナショナルブランドといえども簡単には成長できない局面に突入しています。必需品がほぼ行き渡り終えた国内市場は縮小が続き、アイテムやラインナップを拡充して成長を狙おうにも、投資リスクや市場投入までのリードタイムの長さを考慮すると、二の足を踏む企業が多いのが現状です。

そこで注目されるのがM&Aによる成長ですが、成功するケースは3割にも満たないと言われるハードルの高さゆえ 細心の注意が必要であり、安易に行うべきではありません。持続的成長を実現する、、、続きはこちら

流通・卸売・小売

○○○○○○○○イメージ

日々倹約に努めスーパーで日用品を安く買い、土日には百貨店にお出掛けして高級品や贈答品を買うのが消費者の典型的な購買行動だった時代は終わりました。Amazon Go の影響も踏まえて、概観します。

消費者と直接向き合う本業界は、これまでも絶えず激しい変化に晒されてきました。しかし、ネットショッピングが普及し、AIが導入され始めた今、変化の頻度や範囲が過去のそれとは次元が異なるインパクトとなり、大規模な業容を誇る企業であってもひとつ間違えれば存続の危機に直面する可能性が否定できなくなりました。品質、価格、接客サービス等のいずれかにおいて、消費者に対して独自のバリューを提供できない事業者は選ばれなくなり、やがて退場を余儀なくされます。

消費者の購買行動はこれまでにも増して二極化する、、、続きはこちら

メディア・エンタテインメント

○○○○○○○○イメージ

デジタル化による大変革を未だにクリアできない日本のメディア業界は、豊富なコンテンツや卓越した知見を十分に活用できぬまま、徐々にその価値を毀損し始めています。改善の術について概観します。

マスメディアに対する見方が今ほど厳しくなったことはありません。報道姿勢と内容、メディアスクラム、コンテンツ制作方法等に対する信頼性が揺らぎ、視聴者離れに歯止めがかからない状況に陥っています。SNSで誰もが自由に情報発信できる今、事件・事故、災害、話題をそれぞれのフィルターを通して報道するメディアより、なんのフィルターもかかっていないありのままの事実が喜怒哀楽の感情と共にダイレクトに伝わる当事者発信情報のほうが視聴者にとって魅力的に映り始めました。

また「メディアは『我々が大衆を導いてあげな、、、続きはこちら

テクノロジー

○○○○○○○○イメージ

全業界の命運を左右するほどの存在になった本業界は、その実自分自身の行く先を定めることに苦慮しているかのようです。有力な技術とプレイヤーが現われては消える中、どのような戦略が有効か概観します。

テクノロジーは欠くべからざるプラットホームとして活用されています。ものづくり、サービス、コミュニケーション、カルチャー、暮らし、環境、生命までもがテクノロジーによって支えられています。その進化が加速し、以前にも増して俊敏性が求められる中、本業界は弛まぬ構造改革に挑み続ける企業だけが生き残る資格を手にできる厳しい戦いが続きます。

今日の栄華も明日は保証されておらず、起業、スクラップ&ビルド、M&A、新旧・大小企業間のコラボレーション等、ありとあらゆる事業形態で技術革新やイノベーションが起こり、Microsoft, Apple, 、、、続きはこちら

運輸・交通

○○○○○○○○イメージ

典型的な労働集約型事業である本業界には、テクノロジーを活用すれば飛躍的進化を遂げるだけのノビシロがありますが、業界外からの脅威に晒されてもいます。勢力図が大きく変わる可能性も踏まえ、概観します。

運輸業界では低運賃・低賃金・長時間労働が常態化しています。特に零細中小事業者は脆弱な財務体質に苦しみながらも運賃改定交渉は困難なのが普通であり、従業員は働いても報われず、その結果疲弊して提供サービス品質も沈滞し、顧客満足度も低く、不人気業種のひとつに甘んじていました。

そんな折、ヤマト運輸のAmazon当日配達からの撤退と従業員への未払い残業代の支給決定は、 業界が抱える構造的課題にメスを入れる契機となるかもしれません。業界の雄がビジネスモデルの見直しに踏み切れば、その影響は業界全体に波及します。佐川、日本郵便等、、、続きはこちら

ホスピタリティ

○○○○○○○○イメージ

"OMOTENASHI"が国際的な認知を得た一方、海外旅行者の受入態勢には未だ大きな課題を抱えている本業界。ここでもデジタル化への対応が成功の鍵を握ります。IR推進法の影響も踏まえて概観します。

ホテル、旅館、リゾート、テーマパーク、ゴルフ場、スキー場等のホスピタリティ業界。消費者の景況感やお財布の中身というアンコントローラブルな外部環境の影響を受けやすく、経営の安定性という観点からは非常にデリケートな性質を持っています。

例えば、景気回復を消費者が実感できればホスピタリティ体験に対する消費意欲は上向き、インバウンド消費の増加と相まってフォローが吹く可能性が高まります。一方、消費者の目がシビアになったため、アトラクションや体験サービスに対する要求水準は非常に高くなって、、、、続きはこちら

医療

○○○○○○○○イメージ

国は予算、医療機関は人、患者は居場所がないという、全ての当事者が苦しんでいる本業界において、業界内外における役割分担と連携体制の確立、医療サービスの高度化が成功の鍵となるでしょう。

医療費が財政支出に占める割合は現時点でも3割、近い将来には5割をも超える見通しです。厚生行政は「地域包括ケアシステム」を掲げ、治療・療養の場所は病院・施設から自宅へ、症状と必要に応じてかかりつけ医から特定機能病院の中から最適な医療機関を選ぶことや、薬剤の重複処方の防止やジェネリックの処方促進等で高騰する医療費を抑制しつつ、医療・介護・福祉の連携強化によって患者のQOL向上を叶える方向に向かいつつあります。

しかし、現場の医師の半数以上が国民皆保険制度の破綻を現実的なものとして危惧する等、明るい兆しは未だ見えてきません、、、続きはこちら

教育

○○○○○○○○イメージ

ノーベル賞受賞者を多数輩出した教育大国の面影は既になく、トップクラスの研究者や学生の海外流出も止まらぬ中、高等教育の品質向上と経営品質の高度化の取組みが成否を分けます。

教育に関する国家戦略の不透明性、少子化とグローバル規模でのタレント争奪戦の激化により、予備校や塾を含めた教育機関は様々な変革を迫られています。2010~13年の日本の公財政教育支出の対GNP比は4.5%であり、OECD加盟諸国の平均5.2%を下回る脆弱な教育財政です。大学運営費交付金や助成金の引き締めは一層厳しくなり、各校とも独自の収益確保策を講じる必要に迫られています。

AO入試やネット受験、敗者復活戦等を駆使して受験料収入の最大化を図るほか、授業料値上げや学内起業等、収入の多角化、、、続きはこちら


お問い合わせ

バナースペース

【営業戦略領域コンサルティング】
【人的資本戦略領域コンサルティング】

ヒューマンキャピタルコンサルティング


お問合せはこちらから