本文へスキップ

経営、事業、営業、組織、人事に関する戦略の策定・完遂と、個人の自己成長の両立を支えるヒューマンキャピタルコンサルティング

経営危機緊急対応コンサルティングCONTINGENCY CONSULTING

東日本大震災では、自動車産業や電機産業など広大な裾野を持つナショナル企業をはじめ、取引先企業の経営危機によって大きな影響を受ける企業が続出しました。中小企業はもちろん、強靭な経営体制を誇る企業までもが生き残りをかけた取り組みに苦慮しました。未だ解決の目途が立たない原発問題の影響は依然不透明であることに加え、新興諸国の成長や諸外国企業の日本市場参入などが自社に及ぼすインパクトを的確に見極め、既に顕在化している問題だけでなく、潜在的な問題も把握してすみやかに成長戦略を練り直し、断行せねばなりません。

本コンサルティングでは、いつ発生してもおかしくない天災や経営危機に備えて、生き残るための緊急対策をはじめ、従業員の確保や競合企業に対するアドバンテージをとるために「今、何をすべきか」を検討して戦略を練り直します。「最悪のシナリオを回避するために最優先する対策は何か」「誰が、いつ着手し、いつまでに完了するのか」「実行部隊をどう編制し、リーダーシップをどう発揮すべきか」「社員に大変なストレスがかかる中、マネジメントシステムは彼らのモチベーションを維持できるか」等について、定量的な判断指標に基づいて、即効性のある統合的な対策を策定、断行を支援します。

本コンサルティングはその特性上、短期間で集中的に取り組むこととなりますので、お問い合わせの際にはご希望の関与時期をお伝え頂けますと幸いに存じます。また、重大な経営判断に次々と迫られる経営者にのしかかるストレスを少しでも和らげることを目的としたエグゼクティブ・コーチングも提供できますので、ご活用ください。

自社へのインパクトの見極め

経営危機が自社の経営に及ぼすインパクトのシミュレートと経営分析を実施、問題の所在を明らかにするとともに、最悪のシナリオを回避するために採り得る選択肢を探ります。また、経営者の意思を尊重して将来のために最優先して取り組むことは何かを決定、対策立案方針を定めます。

■ 景気後退シナリオの予測(最悪のケースを重視)
■ 自社へのインパクトのシミュレーション
■ 事業・財務の健全性分析
■ 競合企業の動向予測
■ 最優先項目の決定
■ 対策立案方針のまとめ 等

緊急対応策の策定

企業経営にとってキャッシュの多寡はその命運を左右します。本フェーズでは、キャッシュ捻出のために社内に隠れているキャッシュを発掘する施策を次々立案すると同時に、組織内のあらゆるムダを省いて効率性を極限まで高め、キャッシュ増大の鍵を握る売上向上施策をまとめることで、手元流動性を高め黒字倒産リスクを最小化します。

■ キャッシュフローマネジメントの強化
■ キャッシュ捻出余地の発掘
■ 事業キャッシュフロー改善措置の実施
■ 与信管理の強化
■ 投資計画の再検討
■ 効率性向上施策の断行
■ 積極的な売上向上施策の推進
■ ポスト大恐慌を見据えた競争優位性創出方法の検討 等

緊急対応策の断行

緊急対応を統括するプロジェクトチームを編成し、経営者自らが先頭に立って対策を断行します。重要なタスクが同時並行して遂行される中、緊急性や実現可能性の検証、長期的なアドバンテージをどう創出するかも考慮しながら優先順位を堅持、必要な調整を行いつつ強力なリーダーシップのもと、成功にむけて一気呵成に推し進めます。

■ 緊急対策プロジェクトチームの編成
■ 進捗管理方法の決定
■ 明確なリーダーシップの確立
■ アクションプランの断行と必要な調整
■ 社員の心のケア
■ 長期的展望を見据えた競争優位性の創出 等


お問い合わせ


バナースペース

【営業戦略領域コンサルティング】
【人的資本戦略領域コンサルティング】

ヒューマンキャピタルコンサルティング


お問合せはこちらから