本文へスキップ

経営、事業、営業、組織、人事に関する戦略の策定・完遂と、個人の自己成長の両立を支えるヒューマンキャピタルコンサルティング

コンサルティング セカンドオピニオン サービス Consulting SOSCONSULTING SECOND OPINION SERVICE (Consulting SOS)

日本のビジネスシーンで経営コンサルタントが活動するようになってすでに数十年経過していますが、いまだに「経営コンサルタントって何をする仕事なんですか」と聞かれることが多くあります。また、保険募集や転職相談をはじめ「コンサルタント」を名乗る数多くの職種が誕生し、コンサルタントのイメージや定義が定まらないのも、戸惑いや不安の原因となっています。クライアントにとっては、「眼の前の経営コンサルタント(以下、当該コンサルタントと表記)が何者なのか」「提案を信用していいのか」など、様々な疑問を抱くこともあるでしょう。

ヒューマンキャピタルコンサルティング(HCC)ではそんな疑問をお持ちの方のために、当該コンサルタントがどんな方なのか、そしてその提案が課題解決につながるのか、報酬額は妥当なのかなどについて、わかりやすく説明、クライアントが安心して当該コンサルタントに業務を委任できる一助となる「コンサルティングセカンドオピニオンサービス(Consulting SOS)」を提供することとなりました。

コンサルティングセカンドオピニオンサービス(Consulting SOS)の概要

○○○○○○○○イメージ


「このコンサルタントに課題解決を依頼して大丈夫だろうか、、、」

コンサルタントとの初対面時、ほとんどの方が抱くご不安です。経営課題の解決という一大事を目の前のコンサルタントに任せてよいのか逡巡するのは当然です。そんな不安を可能な限り払拭するため、自社の事情をよく理解している会計士や税理士、またはその方から紹介されたコンサルタントにコンサルティングを依頼することが多くなるのは当然でしょう。

一般的に「経営コンサルタント」としてコンサルティングサービスを提供しているのは、公認会計士や税理士、中小企業診断士などの国家資格保有者、経営コンサルティングファームに在籍して課題解決を本業とするコンサルタント達です。

しかし、その課題解決力に関しては、資格の有無に関わらず大きな差があります。著名なグローバルコンサルティングファームに所属するコンサルタントから提案を受けたとしても、メインで関与するコンサルタントが貴社と同業界において豊富な実績と優れた知見を持つ方なら、ご期待を満たすコンサルティングサービスを受けられる可能性が高いと考えられますが、別分野におけるプロフェッショナルや、実績や知見の蓄積があまり多くないコンサルタントであれば、同等の成果を得られる可能性は低くなります。

また、大手コンサルティングファームではなく、少人数あるいは個人事務所のコンサルタントだからといって、必ずしも課題解決力が劣っているとは限りません。コンサルティング業界の特徴のひとつに合従連衡や独立の動きが激しいことがありますが、McKinsey, BCG, KPMG, DTC等、現在Big4と呼ばれるグローバルコンサルティングファームでさえ、今後どのような変遷を辿るかは予測できませんし、多くのファームから毎日のようにコンサルタントが独立、次々事務所を構え、M&A等も繰り返しながら活躍しています。

独立できるということは、なにがしかの知見や実績に裏打ちされた課題解決力があることを意味しますし、出身ファームなどのバックボーンも確かなら、サービス品質に関しても一定以上の水準が期待できます。設立間もない、あるいは知名度がそれほどない事務所でも、貴社と非常にフィットする解決策を提供できることもあるのです。

コンサルティング業界に関してあまり明るくない方にとって、これらの事情を踏まえて提案の是非を判断しようとしても、目の前にいるコンサルタントが提出した実績一覧において果たした役割、成果創出における貢献度など、課題解決力の水準について的確に把握することはなかなか難しいことでしょう。まして、自身の課題解決力の至らなさが露呈することを避けたいコンサルタントは、クライアントを煙に巻くような言葉を弄してその場を凌ごうとしますので、さらに玉石を見分けにくくしています。

そこで、ヒューマンキャピタルコンサルティング(HCC)では、クライアントの皆様がご不安に感じる点や疑問について、適切性、妥当性などに関するセカンドオピニオンの提供を通じて、不安や疑問を解消して頂けるようサポートするコンサルティングセカンドオピニオンサービス(Consulting SOS)を始めることといたしました。

例えば、コンサルティングサービスの利用をご検討するに際して、どのようなチェックポイントを抑えるべきか、下のチャートをご覧になってしばしお考えください。

【コンサルティングサービスの標準的なフローにおけるチェックポイントの例】

チェックポイント例の「・・・・・」に入る事項、皆様はどれくらい思いつくことができましたでしょうか?

本サービスは、上記チェックポイント例等に基づいて、いわば「このコンサルタントに依頼していいのか判断するための根拠を提供する」サービスです。クライアントからお話を伺い、当該コンサルタントのバックボーン、実績、提案内容、関与方法、報酬額など対するご不安や疑問点についてわかりやすく解説、当該コンサルタントと契約を締結するうえでご確認いただきたいポイントについてアドバイスをさしあげるものです。

対象者

本サービスは、下記の方々のご利用を想定しております。

 ・初めて経営コンサルタントをつかってみようとご検討中の方
 ・経営コンサルタントのプロフィールや実力について適切に理解したい方
 ・提案が課題解決に結実する適切な内容かを判断したい方
 ・報酬額の妥当性について検証したい方

【注意事項】
 ・本サービスは、良質かつ有益なコンサルティングサービスをクライアントに適切に見定めていただくため、
  また良質な経営コンサルティングサービスが広く普及することに資するために提供するものであり、他社の
  コンサルタントとクライアントの契約を阻害するためのサービスではありません。
 ・本サービスご利用後、クライアントが契約した当該コンサルタントが関与した結果に関して、ヒューマン
  キャピタルコンサルティング(HCC)は何ら責任を負うことはできません。予めご了承ください。

本サービス(Consulting SOS)の特徴

本サービスの対象領域は、HCCの専門領域である「経営戦略・事業戦略」「営業・マーケティング」「人的資本」領域に関するコンサルティングサービスに限定しております。課題解決をすでに依頼している最中でもご利用いただけるサービスではありますが、もっとも効果が期待できるタイミングは契約締結前ですので、「このコンサルタントや提案内容に対して漠然とした不安を感じるんだが、、、」とお感じなら、是非ご相談ください。

○○○○○○○○イメージ

当該コンサルタントとの強固な信頼構築を支援

当該コンサルタントの力量を正しく推し量り、ともに課題解決を進めるパートナーとして相応しいかどうかを見極めることは、課題解決の成否を左右すると言っても過言ではありません。

当該コンサルタントの出自、実績、提案内容などを総合的に把握、貴社の直面する課題に対して実効性の高い解決策を提案できる知見とスキルを持っているかどうかについて、アドバイスをさしあげます。

同じ経営コンサルタントだからこそ知り得ることがありますので、当該コンサルタントのプロフィール情報をはじめ、提出された提案書等のドキュメントや発言内容などをお伝えください。

○○○○○○○○イメージ

提案と成功可能性の相関を検証

コンサルタントが提案した課題解決方針について、「プロフェッショナルがこう提言するのだから成功可能性が高いのであろう」と受け止めていただいた時、課題解決のための取組みが始まります。

しかし、その提案を評価するにあたり、明確な判断基準を確立できている方は多くありません。むしろほとんどの方は「まあそういうものかな」と漠然と判断しているのが実状でしょう。

検討範囲、真の原因の特定、課題解決方針、推進方法、報酬水準、想定成果物、方法論、根拠、ファシリテートやリーダーシップのあり方等について、その適切性を検証、客観的な立場からクライアントのご判断を支援します。

○○○○○○○○イメージ

ベストパートナーとなるコンサルタントの紹介も可能


コンサルタントに「これできるの?」と聞くと「お任せ下さい」と応えがちですが、実際には実績が豊富な領域や得意分野があり、課題解決力に過ぎれます。しかし非専門領域におけるそれは、得意分野より劣るものです。

本サービスをご利用いただいた結果、コンサルタントへの切り替えをご希望されるケースも出てくるでしょう。その際は、HCCが最適なソリューションを提供できる可能性が高いと思しきコンサルタントを紹介いたします。

HCCには専門領域ごとにビジネスパートナーのネットワークがありますので、クライアントにご了承いただいた後、パートナーに状況を説明、双方にとってよき機会となると確信した場合にはお引き合わせいたします。

例えば財務・ファイナンス、ICT、製造、研究開発等の領域に関しては、HCCのパートナーである監査法人、公認会計士、税理士、ITコンサルタント、製造業コンサルタント等のビジネスプロフェッショナルに責任を持って紹介させていただきますので、当該領域に関するお悩みもお気軽にご相談ください。

○○○○○○○○イメージ

費用見積は無料

本サービスのご利用に際しては、ご状況とご要望によって必要な検証工数と費用が変わります。当該コンサルタントとの協議の進捗度、プロフィール確認か、提案内容の検証か、様々なケースがありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

状況把握後、無料で見積を提示いたしますので、ご納得いただいたうえでサービスをご利用ください。

なお、本サービスのご利用後、HCCの関与をご希望される場合には、本サービスのご利用料金をコンサルティング報酬の一部に充当することにより、クライアントの実質的な費用負担を軽減させていただきます。

本サービス(Consulting SOS)のお問い合わせ

○○○○○○○○イメージ

コンサルティングセカンドオピニオンサービス(Consulting SOS)をご希望の方は、下記「お問い合わせ」メールフォームを開き、「お問い合わせ種別」の「Consulting SOS」をお選びのうえ、「ご相談・お問い合わせ内容」をはじめ、※印の必須項目に正確にご記入のうえメールしてください。

ヒューマンキャピタルコンサルティング(HCC)から追って連絡申し上げますので、しばらくお時間を頂けますようお願い致します。

本サービスのご利用に関しても守秘義務を負いますので、伺ったお話の内容が外部に漏れることはございません。安心してご利用ください。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ



バナースペース

【営業戦略領域コンサルティング】
【人的資本戦略領域コンサルティング】

ヒューマンキャピタルコンサルティング


お問合せはこちらから